2006年06月11日

紫陽花のころ。

久しぶりの友人との再会で、今日はたくさんおしゃべりしました。

彼女の結婚式以来。やさしい旦那さまは、今日はお留守番。

京都での学生時代に知り合った彼女は、
私がどんなところにいても必ず笑顔で会いに来てくれました。

初めての飛行機に一人乗って、私の留学先にも来てくれました。
京都のおいしい“しぐれ煮”を持って。
私は嬉しくて、彼女が帰ったあと、大事に大事に食べました。

ありがとう。
今日もはるばる来てくれて。

幸せそうな姿に私の幸せも増えましたよ。

ajisai.JPG

ajisai2.JPG

紫陽花のころ。
私は紫陽花が好きです。

日本の花言葉では、<移り気><心変わり>などあまり良くない言葉が並びますが、
西洋では<辛抱強い愛>と言われてるのですね。

私はこの梅雨の中、雫を体いっぱいにして咲いている姿に心を奪われてしまいます。

謙虚で辛抱強い花。

紫陽花のころになると、私は穏やかに、でも強くなれる気がするのです。


posted by 寒がり羊 at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。